暮らしの中に美を求めて

民藝協会のあゆみ 大正14年から昭和19年(1925年~1944年)

大正14年から昭和19年(1925年~1944年)

大正14年(1925)

12月
柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司の3人、紀州行の旅中「民藝」=民衆的工芸の略=という新語を作る。

大正15年・昭和元年(1926)

4月
富本憲吉・河井・浜田・柳の4人連名で「日本民藝美術館設立趣意書」を配布。
設立趣意書

設立趣意書

昭和2年(1927)

1月
この頃、中村精らが中心となり静岡県浜松地方に民藝運動が興る。
3月
京都に上加茂民藝協団が発足、青田五良・黒田辰秋らが参加。
4月
創刊の『大調和』誌に柳宗悦が連載した「工藝の道」に共鳴して、芹沢銈介・外村吉之介・相馬貞三らが柳門下に参入。
6月
銀座鳩居堂で初めての民藝品展「第一回日本民藝品展覧会」開催。
11月
新潟民藝美術協会が発足。

昭和3年(1928)

3月
東京上野公園の御大礼記念国産振興博覧会に、民藝同人設計になる「民藝館」を出品。閉会後、大阪の山本為三郎邸内に移築、「三国荘」と名付ける。

昭和4年(1929)

3月
京都大毎会館で日本民藝美術館主催の大規模な「日本民藝品展」を開く。このとき始めて民藝品の挿絵入り目録を製作、あわせて『日本民藝品図録』を編纂。
10月
上加茂民藝協団解散。

昭和6年(1931)

『工藝』創刊号

『工藝』創刊号

1月
雑誌『工藝』創刊(1・2号は青山二郎、石丸重治の編集。3号以後終刊の第120号まで柳宗悦編集)。
4月
浜松の高林兵衛邸内に日本民藝美術館を開館(昭和8年4月閉館)。
5月
東京京橋に初の民藝店「水沢」が開業(半年で閉店)。
10月
京都で鳥取の吉田璋也、島根の太田直行ら「山陰新作工藝展」を開催(11月に東京でも開催)。

昭和7年(1932)

1月
東京西銀座に民藝店「みなと屋」開業(2年余で閉店)。
4月
静岡民藝協会発足。
5月
島根民藝協会発足。
6月
吉田璋也、鳥取に民藝店「たくみ」を開き、7月に鳥取民藝振興会を設立。

昭和8年(1932)

4月
京都大丸で京都民藝同好会が民藝蒐集品展。
7月
安来民藝協会発足。
12月
鳥取の工芸店「たくみ」、東京西銀座に進出。

昭和9年(1934)

3月
東京上野松坂屋で日本民窯初の大展観「日本現代民窯展」開催。
4月
バーナード・リーチが14年ぶりに来日、柳・河井・浜田らと各地を廻る。
6月
日本民藝協会設立、会長に柳宗悦就任。協会事務所を東京本所の浅野長量方に置く。
11月
東京高島屋で日本民藝協会主催「現代日本民藝展」を開催(翌年、4月大阪高島屋でも)。

昭和10年(1935)

1月
日本民藝協会の印標として丸輪に鈴の紋を設定。図案は芹沢銈介。
5月
大原孫三郎、民藝館建設のため10万円の寄付を申し出る。柳らは、直ちに日本民藝館設立委員会を設け計画にかかる。

昭和11年(1936)

開館当時の民藝館

開館当時の民藝館

10月
日本民藝館開館、初代館長に柳宗悦就任。開館展示は「現代作家工藝品展覧会」で、河井・浜田・富本・芹沢・外村・川上澄生・棟方志功・柳悦孝ら諸作家の作品と、鳥取その他各地の新作ものを展示。

昭和12年(1937)

10月
東京銀座鳩居堂で民藝館主催「第1回秋季新作工藝展」開催。

昭和13年(1938)

4月
東京高島屋、8月京都高島屋で日本民藝協会主催「現在朝鮮民藝品展」。
12月
年末から一ヶ月余り、柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司が沖縄を訪問。柳は初めての沖縄行きであった。

昭和14年(1939)

『月刊民藝』創刊号

『月刊民藝』創刊号

3月
民藝協会同人による2回目の沖縄行き。協同的移動制作のため、柳夫妻・河井・浜田・芹沢・田中俊雄・外村・柳(悦孝)・岡村吉右衛門らが参加。柳夫婦は約一ヶ月、他の同人は3~6ヵ月滞在。各地で陶器・染織などの制作と指導・展観を行い、多数の織物・染物・陶器・漆器などを蒐集。日本民藝協会機関誌『月刊民藝』(編集・式場隆三郎)創刊。。
4月
丹波民藝協会発足。
12月
東京高島屋で日本民藝協会が「琉球新作工藝展」、協会同人の協同的移動制作の成果を発表。年末、日本民藝協会主催の「琉球観光団」による3回目の沖縄旅行。

昭和15年(1940)

琉球観光団(昭和15年)

琉球観光団(昭和15年)

1月
民藝協会琉球観光団の沖縄滞在中に言語問題論争起こる。
6月
東京日本橋三越で日本民藝協会と雪国協会共催の「東北六県民藝品展」。
7月
柳宗悦、4回目の沖縄の旅。
11月
日本民藝協会、紀元二千六百年奉祝記念事業として、日本民藝館で「琉球工藝文化展覧会」や東京三越で「琉球風物写真展覧会」「日本生活工藝展覧会」を催す。

昭和16年(1941)

12月
12月8日 太平洋戦争始まる。

昭和17年(1942)

1月
雑誌『月刊民藝』を『民藝』と改題。「日本民藝協会会則」を制定、会の目的を「本協会ハ民藝運動ニ立脚シ、簡素、健康、国民的ナル生活文化ノ創造ニ寄与センコトヲ目的トス」とし、地方支部制をとることとした。
8月
日本民藝協会青森支部発足。
11月
日本民藝協会岩手支部、日本民藝協会角館支部が発足。

昭和18年(1943)

1月
工芸の統制機関「大日本工藝会」発足。日本民藝協会は解散せず参加することを認められる。
3月
日本民藝協会静岡県支部発足。
5月
日本民藝協会栃木県支部発足。
12月
『工藝』114号発行、以後昭和21年12月まで3年間発行中断。

昭和19年(1944)

11月
『工藝』『民藝』の用紙焼失。続刊極めて困難となる。『民藝』は12月第68号を発刊したあと、21年7月刊の第70号まで刊行できなかった。

大正14年から昭和19年(1925年~1944年)

昭和20年から昭和39年(1945年~1964年)

昭和40年から昭和59年(1965年~1984年)

昭和60年から平成16年(1985年~2004年)

平成17年から (2005年~ )

PAGETOP
Copyright © 日本民藝協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.