機関誌『民藝』 ~ 平成27年4月号(748号) ~

特集 柳宗悦とB・リーチの往復書簡から

『雑誌民藝』2015年4月号表紙昨年(2014)7月に発行された『柳宗悦とバーナード・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』(日本民藝館発行)は、日本民藝館初代館長の柳宗悦と陶芸家のバーナード・リーチが1912年から1959年まで交わした英文書簡を151通収録した書籍です。約50年にわたる二人のやりとりからは、深い信頼関係や親密な交際の様子が伝わってきます。
本号は、この往復書簡を読み解くための副読本として編集しました。民藝運動の結実から発展へ向かう心の動きを、この二人の書簡や本誌から感じていただければ幸いです。

目次

〈特集関連〉
 バーナード・リーチ宛書簡より(柳宗悦)
 柳宗悦とバーナード・リーチ ―書簡集の監修を終えて―(鈴木禎宏)
 陶芸の心(pottery-minded)、リーチの祈り(多胡吉郎)
 エドワード・ヒューズ陶芸対談 ―用と美と文化と―(聞き手 アレクス・マカーレン/翻訳 静子・ヒューズ)
 Soetsu Yanagi and Bernard Leach
 『柳宗悦とB・リーチ往復書簡 日本民藝館資料集』人名索引 Version1.0(鈴木禎宏編)

〈図版〉
 柳宗悦とB・リーチの往復書簡から

〈読み物他〉 
 「民藝運動九〇年」の歩み(27)
  ─「白樺」の時代と、民藝美の発見、その展開─(志賀直邦)
 インドの陶芸家グルチャラン・シン(2)
  柳宗悦との出会いと朝鮮半島への旅(橋本順光)
 平成27年度日本民藝夏期学校のみどころ
  (金沢会場、角館会場、京都会場)
 第69回日本民藝協会全国大会宮城大会のみどころ
 展覧会報告「濱田庄司登り窯 復活プロジェクト」
 書籍紹介『吉田璋也の世界』

〈柳宗悦「師眼再会」〉 
 第255回 白磁蛙型水滴 朝鮮時代