機関誌『民藝』 ~ 平成27年10月号(754号) ~

特集 生誕120年記念 芹沢銈介の肉筆

本号は前号に引き続き、芹沢銈介生誕120年を記念した特集です。今回は、下絵を中心とした芹沢肉筆作品を多数紹介しております。「型絵染」の人間国宝ですが、肉筆についても、大変魅力的な仕事を残しております。その一端を紹介しています。

目次

〈特集関連〉
 型絵染(芹沢銈介)
 芹沢銈介の絵について(白鳥誠一郎)
 芹沢銈介・関連展覧会(静岡市立芹沢銈介美術工芸館、東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館、日本民藝館)
 Drawings by SERIZAWA KEISUKE -Commemorating the 120th anniversary of his birth-

〈図版〉
 芹沢銈介の肉筆(個人蔵)『民藝』2015年10月号

〈読み物他〉 
 「民藝運動九〇年」の歩み(33)─「白樺」の時代と、民藝美の発見、その展開─(志賀直邦)
 [日本民藝館事業報告]柳宗悦旧蔵書整理についての報告(上)(宮川智美)
 追悼・鶴見俊輔氏
  『柳宗悦』創作ノート(鶴見俊輔)
  鶴見俊輔さんを想う(水尾比呂志)
  鶴見俊輔さんと私(熊倉功夫)
  追悼・鶴見俊輔さん(高崎宗司)
  静かに持続する平和への意志―柳宗悦から鶴見俊輔、そして未来へ―(中見真理)
 日本民藝夏期学校京都会場報告(鈴木理恵)
 日本民藝館今後の予定

〈柳宗悦「師眼再会」〉 
 第261回 厚司衣裳 アイヌ