機関誌『民藝』 ~ 平成28年4月号(760号) ~

特集 日本民藝館所蔵韓国文化財 家具・木工品の修復 -韓国国外所在文化財財団の調査を受けて-

『民藝』2016年4月号

 日本民藝館では、「創設80周年特別展 日本民藝館所蔵 朝鮮工芸の美」展が2016年4月2日から始まりました(6月12日まで)。同展では日本民藝館所蔵の朝鮮時代(1392年-1910年)の諸工芸品を中心とした約1600点の中から優品約300点を展覧します。
 本誌ではこれらの関連企画として2号にわたり特集を組みます。先月の3月号では「柳宗悦と朝鮮の工芸」特集でした。本号は、日本民藝館所蔵の韓国文化財調査・修復が昨年行われた報告として、同館所蔵の家具・木工品の修復状況を紹介します。

目次

〈特集関連〉
 朝鮮の木工品(柳宗悦)
 韓国国外所在文化財財団による文化財調査の意義(杉山享司)
 日本民藝館所蔵韓国文化財の実態調査の過程と成果(呉多鷰)
 日本民藝館木工芸品の修理や保存処理過程の記録(梁石重)
 図版解説(修復・保存処理について)

〈図版〉
 日本民藝館所蔵韓国文化財 家具・木工品
『民藝』2016年4月号

〈読み物他〉 
 第151回日本民藝夏期学校佐久会場の見どころ(吉川徹)
 平成28年度日本民藝夏期学校案内
 〔展覧会〕東京国立近代美術館工芸館「芹沢銈介のいろは」、青森県立美術館「棟方志功とその時代展」

〈柳宗悦「師眼再会」〉 
 第267回 轆轤場 朝鮮半島 1937年