機関誌『民藝』 ~ 平成28年5月号(761号) ~

特集 東北の焼物 白岩焼

『民藝』2016年5月号

 秋田県角館の近くに、明和8年(1771)から明治33年(1900)まで創業した白岩焼という窯がありました。明治でいったんは途絶えますが、現在もその伝統を継承した仕事が再興されています。今回は、白岩焼の窯跡や現在の仕事を訪ね、白岩焼の歴史・特徴など、写真を交えて紹介いたします。

目次

〈特集関連〉
 東北(柳宗悦)
 秋田県仙北市「白岩焼」(庄内昭男)
 白岩焼の窯跡と手仕事の現在を訪ねて(村上豊隆)
 白岩焼を所蔵する主な博物館・美術館
 白岩焼のいろいろ
 図版目録
 海鼠釉の焼物(白岩焼以外)
 Shiraiwa Ware -ceramics of Tohoku-

〈図版〉
 東北の焼物 白岩焼
minngei201605

〈読み物他〉 
 熊本地震へのお見舞い
 日本民藝夏期学校豊田会場の見どころ
 「豊田市民芸の森」が四月より一般公開
 〔展覧会〕松本市美術館「バーナード・リーチ展」、静岡市立芹沢銈介美術館「布と模様のハーモニー」ほか

〈柳宗悦「師眼再会」〉 
 第268回 廣瀬絣 島根縣能義郡廣瀬町