機関誌『民藝』 ~ 平成29年8月号(776号) ~

特集 舩木研兒 -人と仕事-

『民藝』2017年8月号

 陶芸家・舩木研兒(1927-2015)は、布志名舩木窯5代目として、伝統的な黄釉・緑釉・白釉・鉄釉などを用いた優れた作品を制作しました。また、さまざまな作品のなかでも、英国スリップウェアにならったスポイト技法で動物文様を描いた仕事がよく知られています。
 昨年から今年にかけて、倉敷民藝館と出雲民藝館で、舩木研兒の回顧展が開催されました。その両館と、ご遺族、関係者の協力を得て、本号では舩木研兒特集を組むことができました。
 舩木研兒の人柄や仕事への想いなど、作品とともに知ることができる内容となっております。ぜひお読みください。

目次

〈特集関連〉
 舩木研兒さんのこと(柚木沙弥郎)
 研兒さんの紅茶カップと諸先輩の偉大さ(小川泰範)
 出雲民藝館ギャラリートーク
  舩木研兒の人と仕事(舩木伸児、井上一)
  舩木研兒展を終えて(井上一)
 倉敷民藝館「舩木研兒遺作展」ギャラリートーク
  研兒さんを語る(舩木玲子、大原謙一郎、小柳晃ほか)
  舩木研兒遺作展を終えて(大原謙一郎)
 舩木道忠と研兒のこと
  1、舩木君のやきもの(柳宗悦)
  2、親しき友、舩木君(バーナード・リーチ)
  3、父子二代のおつき合い(舩木研兒)
 日本民藝館所蔵 舩木道忠作品紹介
 布志名舩木窯を訪ねて(村上豊隆)
 舩木研兒略年譜

〈カラー図版〉
 日本民藝館所蔵 舩木研兒作品『民藝』2017年8月号

〈読み物他〉
 〈連載・最終回〉作家の創作と工人の製作
  -民藝における創造性の秘密(三)(松井健) 
 民藝を知ってよかったと思えるように(會田秀明)
 日本民藝協会会長退任ご挨拶(金光章)
 日本民藝館特別展「色絵の器」展示風景

〈柳宗悦「師眼再会」〉
 第283回 鐵瓶 山形市銅町