機関誌『民藝』 ~ 平成30年3月号(783号) ~

特集 心偈(こころうた)

『民藝』2018年3月号 心偈とは、元々品物の箱書きを頼まれたことが縁で、柳宗悦によって作られた短い句を指します。はじめ物偈と呼ばれていたものをより自由なかたちで発展させ、心偈として柳自身の心境がこの短い句の中に込められています。柳の晩年には、この心偈を板画家の棟方志功が77点の板画にし、病床の柳に届けられました。
 本号は、本誌634号(平成17年10月号)を再編集した特別号です。

目次

〈特集関連〉
 心偈について(柳宗悦)
 『心偈』私版本より「まえがき」(濱田庄司) 
 棟方志功との半日(松方三郎)
 「今ヨリ ナキニ」ー柳宗悦直筆原稿による「心偈」新考察(再録)(石井頼子)
 図版解説『心偈』私的解題12選(高木崇雄)
 Kokoro-uta Poems from the Heart

〈カラー図版〉
 心偈 日本民藝館特別展「棟方志功と柳宗悦」より『民藝』2018年3月号

〈読み物他〉
 第156回日本民藝夏期学校仙台・秋保会場みどころ
  「手仕事とデザイン」(白鳥幸昌)
 平成30年度日本民藝夏期学校案内(仙台・秋保、鹿児島)
 第13回倉敷民藝館賞 祐工窯・阿部眞士氏受賞
 平成30年度日本民藝館年間予定

〈柳宗悦「師眼再会」〉
 第290回 馬紋鮮硯 朝鮮半島