機関誌『民藝』 ~ 平成30年8月号(788号)~

特集 片野元彦・かほり −人と仕事

『民藝』2018年8月号 本号は染色家の片野元彦(1899-1975)、かほり(1932-2016)父娘による絞染の仕事とその人物像について紹介します。
 カラー図版には『片野元彦絞集』より裂10点をはじめとした日本民藝館所蔵作品を紹介しています。

目次

〈特集関連〉
 絞染について(編集部)
 絞と私(片野元彦)
 回想の片野元彦・かほり(藤本巧)
 「国展」出展作にみた片野かほりのすごさ(山下佐保)
 天意の布(古澤万千子)
 祖父と叔母に想う(大安佐智)
 Motohiko & Kahori Katano
 美へ奉仕する喜びの日々(片野元彦)

〈カラー図版〉
 日本民藝館所蔵
 片野元彦・かほり作品『民藝』2018年8月号

〈読み物他〉
 
民藝に学ぶ
  益子、濱田そして出会い(平野良和)
 第156回日本民藝夏期学校仙台・秋保会場報告(白鳥幸昌、鈴木華子、神谷紀子)

〈柳宗悦「師眼再会」〉
 第295回 将棊