機関誌『民藝』 ~ 平成30年10月号(790号)~

特集 倉敷民藝館開館70周年記念特集

『民藝』2018年10月号 岡山県倉敷市の倉敷民藝館は、1948年(昭和23)11月15日に開館し、今年で開館70周年を迎えます。本号は同館の開館記念特集号です。同館ゆかりのみなさまからのご寄稿とともに、所蔵品をカラー図版にて紹介しております。
 なお、倉敷民藝館では2018年6月8日から12月2日まで開館70周年記念企画展「美しい暮らし−倉敷民藝館優品展−」を開催中です。

目次

〈特集関連〉
 社会の変化と民藝館の心
  −倉敷民藝館の七十年を機に考える−(大原謙一郎)
 倉敷民藝館 誕生のころ(三宅登志夫)
 倉敷民藝館の意味と意義(守安收)
 倉敷と民藝運動(1)
  −大原孫三郎・總一郎を中心に−(辻野純徳)
 公開座談会 未来につながる民藝の美
 図版目録
 倉敷民藝館概要(森原絵理香)
 Kurashiki Museum of Folkcraft and its Collection
  -commemorating the 70th anniversary of the museum-

〈カラー図版〉
 倉敷民藝館と同館所蔵品より
『民藝』2018年10月号

〈読み物他〉
 民藝に学ぶ(6)(瀧澤功)
 第157回日本民藝夏期学校鹿児島会場開催(鈴木理恵)

〈柳宗悦「師眼再会」〉
 第297回 枕 朝鮮半島