機関誌『民藝』 ~ 平成30年12月号(792号)~

特集 民藝と薩摩焼

『民藝』2018年12月号
 柳宗悦は昭和9年(1934)1月に、河井寛次郎らとともに初めて薩摩の苗代川、龍門司を訪れ、河井ともども歓喜します。
 本号は「民藝と薩摩焼」の特集です。関連の文章とともに薩摩焼の魅力を紹介しています。日本民藝夏期学校鹿児島会場も開催され、関連号として発行しました。

目次

〈特集関連〉
 薩摩焼の歴史と柳宗悦(深港恭子)
 河井寛次郎の人と仕事(柳宗悦)
 柳宗悦写真帖/風物・工芸調査/「九州・山陰・会津窯場旅行」
 苗代川の陶農(河井寛次郎) 
 「苗代川(美山)今昔」(十五代沈壽官)
 民藝探題・野間吉夫(松村利規)

〈カラー図版〉
 民藝と薩摩焼 −日本民藝館所蔵品より−
『民藝』2018年12月号

〈読み物他〉
 第157回日本民藝夏期学校鹿児島会場報告
  しょうぶ学園での夏期学校(川野恭和)
  民藝の原点との再会(丁章)
  息子との夏期学校(奥井庸子)
 倉敷と民藝運動(3)(辻野純徳)
 民藝に学ぶ(8)縦て糸横糸の説話(深澤賢一郎)
 第73回日本民藝協会全国大会2019 in 弘前(2019年5月24日−25日)

〈柳宗悦「師眼再会」〉
 第299回 僧侶