機関誌『民藝』 ~ 令和元年10月号(802号)~

特集 土瓶

『民藝』2019年10月号 柳宗悦は1943(昭和18)年に『諸国の土瓶』を刊行しました。珍しい土瓶だけのことを述べた刊行物として、土瓶の持つ魅力を語っています。
 本号では、柳による「土瓶考」や河井寛次郎、濱田庄司、柳宗理ら民藝運動に尽力した人たちの土瓶に関する文章、また現代における「土瓶考」について、いまの作り手の方々に執筆いただいた文章ほかを掲載しました。
 図版は日本民藝館所蔵の土瓶等を紹介しています。
 ※消費増税に伴い、本号より本誌価格を税込870円に改定しました。

目次

〈特集関連〉
 土瓶考(柳宗悦)
 土瓶と暮らし(井上泰秋)
 神山の土瓶(河井寛次郎)
 土瓶と私(前野直史)
 益子の土瓶(濱田庄司)
 私と土瓶(川野恭和)
 チューカーを作る(登川均)
 土瓶について(柳宗理)
 出雲民藝紙と松江藩籐細工(山野孝弘)
 『諸国の土瓶』主要産地

〈図版〉
 土瓶 日本民藝館所蔵品と過去の日本民藝館展入選作より
『民藝』2019年10月号

〈読み物他〉
 連載・郷土の食と風習第3回
  スッカラとチョッカラ(白鳥幸昌)
 日本民藝館「柳宗悦と古丹波」展示風景

〈柳宗悦「師眼再会」〉
 第309回 面型