機関誌『民藝』 ~ 平成31年8月号(800号)~

特集 柳宗悦生誕130年・本誌800号記念「民藝の現代的意義」

『民藝』2019年8月号 1952(昭和27)年に『月刊たくみ』として創刊した本誌は、67年を経て800号を迎えました。今年は柳宗悦(1889〜1961)の生誕130年でもありますので、本号は特別記念号として「民藝の現代的意義」をテーマに多くの論考を掲載しました。

目次

〈特集関連〉
 本特集について(會田秀明)
 民藝の現代的意義(深澤直人)
 民藝運動は何を寄与したか(柳宗悦)
 柳宗悦と宇宙意志と生態智(鎌田東二)
 閉塞状態に風穴を! いま改めて柳宗悦の思想に学ぶ(中見真理)
 三・一独立運動100年
  柳宗悦と三・一独立運動 その現代的意義をめぐって(杉山享司)
  一枚の写真に反映された1920年5月の朝鮮行(姜晶薫)
 「民藝的暮らし」の広がりを求めて 多津衛民芸館の四半世紀(吉川徹)
 『民藝』第800号の地点に立って(白鳥誠一郎)
 民藝の行方(柳宗理)
 柳宗悦と勝見勝 民藝とデザインとの距離(沢良子)
 「星々の悲しみ」 片野元彦の仕事、あるいはシューベルトの連弾について(新見隆)
 物を作る使命感(佐藤阡朗)

『民藝』2019年8月号

〈読み物他〉
 第73回日本民藝協会全国大会2019 in 弘前
  フォーラム「民藝運動をどう進めるか」(要旨)
  ビジョンとユーモア(福原英樹)
  全国大会でこぎんを思う(鈴木真枝)

〈柳宗悦「師眼再会」〉
 第307回 日本民藝館の陳列 玄關廣間