機関誌『民藝』 ~ 令和2年1月号(805号)~

特集 世界の人形

『民藝』2020年1月号
 2020年新年号は「世界の人形」を特集いたします。静岡市立芹沢銈介美術館、熊本国際民藝館、巧藝舎所蔵の世界の人形コレクション、また現代の人形のなかから、東京、沖縄の人形を図版で紹介しました。
 特集関連の文章には、染色家の柚木沙弥郎氏、静岡市立芹沢銈介美術館学芸員の白鳥誠一郎氏、東京かんかん代表の小川弘氏、九州大学教授の後小路雅弘氏より、お話やご寄稿をいただきました。現代の人形づくりについては、青森、東京、沖縄の今の仕事を取材しています。
 本号より誌面を一新いたしました。より充実した誌面構成となるよう、努力して参りたいと思います。

目次

〈図版〉
 世界の人形

〈特集関連〉
 「今ヨリ ナキニ」のものづくり
  —自作への想いと人形について(柚木沙弥郎)
 芹沢銈介の人形コレクション(白鳥誠一郎)
 アフリカの人形(小川弘)
 現代の人形づくり —下川原・今戸・沖縄
 ひとのかたち ひとの思い(後小路雅弘)
 人形と人間(柳宗悦)

〈読み物他〉
 新年のご挨拶(會田秀明)
 連載・郷土の食と風習 第6回
  日下部家の年中行事から見る(日下部暢子)
 柳宗悦とブルーノ・タウト(沢良子)

『民藝』2020年1月号
『民藝』2020年1月号