『民藝』8月号(812号)「特集 アイヌの手仕事 —衣裳編」

機関誌『民藝』 ~ 令和2年8月号(812号)~

特集 アイヌの手仕事 —衣裳編

『民藝』2020年8月号 今秋、日本民藝館では「アイヌの美しき手仕事」展が開催されます。
これに合わせ、本誌ではアイヌの手仕事と題し8月・9月号連続で特集します。8月号は衣裳、9月号は木工品を中心に紹介。この2号の図版は柳宗悦蒐集と芹沢銈介蒐集によるものです。

目次

〈図版〉
アイヌの手仕事 —衣裳編

〈特集関連〉
北方の着物(芹沢銈介)
「アイヌの美しき手仕事」展に寄せて(五十嵐聡美)
アイヌ工芸をめぐる柳宗悦の眼差し(杉山享司)
ある描写から —秦檍麿のみたアイヌ民具を中心に—(佐々木利和)
アイヌ工芸の可能性 —民藝との対話から(池田忍)
家族で守るアイヌ工芸(関根真紀)
「民族共生象徴空間(ウポポイ)」開園(村木美幸)
日本民藝館「アイヌの美しき手仕事」展紹介
From the Exhibition ‘The Beauty of Ainu Handiwork’ at the Japan Folk Crafts Museum
〈読み物ほか〉
連載・郷土の食と風習第9回 石狩鍋(三浦正宏)

 

ご購入はこちらから