『民藝』1月号(817号)「特集 民藝運動の文字」

機関誌『民藝』 ~ 令和3年1月号(817号)~

特集 民藝運動の文字

『民藝』2021年1月号 本号では「民藝運動の文字」というテーマで特集を構成しました。
 民藝運動の創設者・柳宗悦は「工芸的」であることがものの美しさの重要な要素であると考え、同様に「文字」に対しても、工芸化されているものが特に美しいと述べています。こうしたことを述べた柳の「工藝的なるもの」を一部抜粋して掲載するとともに、民藝運動に参画した染色家の芹沢銈介、工芸家の鈴木繁男の文字の意匠が施された作品を取り上げ、それぞれ背景を解説します。また染色家・柚木沙弥郎の最近の作品などを聞いた「私の文字意匠」、タイポグラフィの歴史と特徴についても掲載しました。
 その他、富本憲吉、河井寬次郎、富本憲吉、川上澄生、棟方志功、岡村吉右衛門、柚木沙弥郎らの文字意匠作品も図版に紹介しています。

目次

〈特集関連〉
芹沢銈介の文字について(白鳥誠一郎)
鈴木繁男の文字(月森俊文)
私の文字意匠(柚木沙弥郎)
タイポグラフィについて(中村将大)
工藝的なるもの(柳宗悦)

〈読み物ほか〉
郷土の食と風習第12回 津軽の胡麻飯(會田美喜)
 

 

 

 

 

 

ご購入はこちらから