『民藝』12月号(816号)「特集 黄八丈 八丈島の織物」

機関誌『民藝』 ~ 令和2年12月号(816号)~

特集 黄八丈 八丈島の織物

『民藝』2020年12月号 本号では「黄八丈 八丈島の織物」というテーマで特集を構成しました。
 黄八丈は、東京都の島嶼部、八丈島で織られている織物です。黄、樺、黒の三色の絹糸から様々な柄を織り出しています。現在も伝統的な製法を守りながら、製作されています。
 本号では、この黄八丈の歴史や製法、現状などを含め、作品や見本帳として作られた「永鑑帳」などの図版とともに紹介しています。

目次

〈特集関連〉
八丈の仕事(柳悦孝)
黄八丈の歴史(山下譽)
黄八丈の糸染 —黄・樺・黒(山下譽)
黄八丈とはどんな布?(山下芙美子)
坂本万七・黄八丈調査の写真(1938年)(山下譽)
コラム・泥田の不思議(山下譽)
黄八丈の美しさ(柳宗悦)
コラム・『永鑑帳』について(山下譽)
黄八丈関連年譜

〈読み物ほか〉
「民藝品の流通を考える会」に際して(志賀直邦)
追悼・志賀直邦さん(會田秀明)
郷土の食と風習 第11回 山菜・昆虫食を知るは、生きる力(花烏賊康繁)

『民藝』2020年12月号『民藝』2020年12月号 

 

 

 

 

 

ご購入はこちらから