『民藝』11月号(815号)「特集 民藝運動のいま」

機関誌『民藝』 ~ 令和2年11月号(815号)~

特集 民藝運動のいま

『民藝』2020年11月号 本号では「民藝運動のいま」というテーマで特集を構成しました。
 新型コロナウイルス感染症や自然災害などにより、さまざまなところに影響が出ておりますが、当協会も主催事業の全て(全国大会、民藝夏期学校、民藝講座)を中止することになりました。しかしそのような中でも、地域民藝協会や関連催事などが地道に行われております。そうした活動のいくつかを今回紹介しましました。
 具体的には、民藝協会工人(岡山県、京都、兵庫県の各民藝協会工人有志)、地域民藝協会(出雲民藝協会)、産地(出西窯)、百貨店催事(髙島屋、たくみ)、民藝館(鳥取民藝美術館)のそれぞれのいまについて、関係者の方々による執筆とインタビューなどで構成しています。民藝に関連する団体、企業等のいまの動きを知る機会となりましたら幸いです。

目次

〈特集関連〉
これからの民藝運動、普及活動(會田秀明)
民藝協会工人のいま
 「民藝を想う」展の開催(前野直史)
地域民藝協会のいま
 出雲民藝館再興プロジェクトと出雲民藝協会の課題(売豆紀拓)
産地のいま
 出西窯とくらしのビレッジ構想(多々納真)
 陶工へのインタビュー(出西窯研修生制度について)
  共同体は無限の可能性がある
百貨店催事のいま
 髙島屋「民藝展」とこれから
 コラム・たくみと髙島屋「民藝展」(野﨑潤)
民藝館のいま
 鳥取民藝美術館所蔵品調査報告
  吉田璋也肉声テープの発見(尾崎麻理子)
将来と民藝(柳宗悦)

〈読み物ほか〉
新刊紹介 『二笑亭綺譚』新装版の刊行
 —木村荘八の幻の挿絵を用いて(山田真理子)
展覧会紹介 もうひとつの江戸絵画 大津絵展(山口和声)

『民藝』2020年11月号 

 

 

 

 

 

ご購入はこちらから